老眼を未然に防ごう【症状のチェックシートを確認すべし】

コンテンツ一覧

簡単に確認する方法

眼鏡

気になったら眼科へ

老眼は多くの場合40代から始まると言われており、新聞の文字といった近くのものが見えにくくなるなどの症状がよく知られています。対策としては、老眼鏡を使用することが多く、ものが見えやすくなるのはもちろんですが、老眼による眼精疲労を軽減することもできます。しかし40代などの比較的年齢が若い場合は、自分が老眼かどうか分からないという場合も多いため、気になる場合はチェックを行ってみるとよいでしょう。チェック方法としては、まず普段の生活において、物や文字が見えづらくないか、近くにある物を見ようとすると目が疲れないか、そして肩こりや頭痛が多くないかなどを確認する方法が挙げられます。そして実際の見え方を調べる方法としては、人差し指を使った方法があり、指紋がハッキリ見える距離によって簡単にチェックできます。この方法では、顔から人差し指を離した距離(指紋がハッキリ見える距離)が30cmを超えていると老眼の可能性があると言われています。ですが、このチェック方法はあくまでも簡易的な方法であるため、気になる場合や症状が疑われる場合は眼科へ行って正確な診断をしてもらうようにしましょう。一般の人が自己判断で対処するのは危険ですし、場合によっては症状を悪化させることにもなりかねないからです。それに単なる老眼の症状に見えても、実は白内障や緑内障といった病気が潜んでいるというケースもたまにあるため、そうした病気を発見するためにも眼科での診断は重要でしょう。