老眼を未然に防ごう【症状のチェックシートを確認すべし】

コンテンツ一覧

簡単に確かめられます

男の人

年齢によって起こる

年齢を重ねるとピンと調整機能が低下して老眼になっていきます。そして、目安がありその数値に当てはまることによって老眼になっている可能性を知ることができます。一般的な基準としては自分の指を30cm以上離さないとピントが合わないと老眼といわれます。そのため、簡単なチェックとしては、自分の指を使ってピントが合った距離を測ることで判断をすることができます。例えば、本などを見ていて話さないと字が見えないという時には、視力が低下しただけでなく老眼になってきているということもあります。特に、濁点などを見るときに点と丸の判断がしにくくなっているという点からもチェックができます。ちなみに、年齢によって焦点距離が異なりますが、メガネを普段している人は近い距離でピントが合う場合があります。特に、近視や乱視の場合に起こることが多くなっています。そのため、簡単なチェックでは判断できないことがあります。そのため、眼科で眼底検査なども行い判断をすることが大切です。そして、老眼のチェックをしてどのくらいの度数にしたほうが良いのかを調べて購入することが大切です。最近は、市販品でもいろいろな度数の老眼鏡が販売されていますが、しっかりとピントを合わせられない場合があります。最近は遠近両用レンズがあり、一つのメガネで乱視や近視でも見やすくできます。そして、老眼になるスピードを抑えることもでき、できるだけ目を酷使せずに目薬などで保湿をすることが大切です。