老眼を未然に防ごう【症状のチェックシートを確認すべし】

コンテンツ一覧

気軽に診断しよう

シニア男性

自分で診断出来る

加齢にともない近くのものが見えにくくなるのは目の中の水晶体と呼ばれるものが固くなるために起こります。この水晶体はレンズの働きをしてくれるので、固くなってしまうとピント調整が出来なくなるのです。一度固くなった水晶体は元に戻ることはなく、ずっとピント調整が出来ないままです。老眼は生理現象のため、避けることは出来ませんし、治療法はありません。老眼の進行具合を自宅でセルフチェックすることは自分の老眼を知るきっかけになるため、40代を超えている人にはやってほしいです。ピントが合う一番近い距離を近点距離というのですが、この近点距離で老眼であるかどうかをチェックすることができます。近点距離は加齢によってどんどん遠くなっていき、近くのものが見えなくなることが分かっています。近点距離を調べるには目の前に指紋が見えるように人差し指を立てて、どんどん人差し指を離していきます。ピントが合う一番近い距離を調べると近点距離が分かります。近点距離が30cmを超えると老眼が始まっている証拠です。とても簡単な方法ですから、風呂上がりにでもセルフチェックをしてみましょう。但し、近点距離には個人差があるので、しっかりとした検査は眼科でやってもらうようにしましょう。最近ではスマートフォンのアプリでも老眼のチェックが出来る便利なものがあるので、興味がある人は利用してみましょう。老眼は40代以降に発症するものですが、最近ではスマートフォンの利用によって若い世代でも発症する人がいるみたいです。