老眼を未然に防ごう【症状のチェックシートを確認すべし】

コンテンツ一覧

目の健康について考える

女性

見えにくいと感じたら

「最近、本が読みづらくなった」「針に糸が通しづらい」などの症状が現れた場合、それは老眼になっているかもしれません。老眼は近くにピントが合わなくなる目の症状で、45歳頃から症状が現れるため老眼と呼ばれます。この症状が現れる原因については目の筋肉の衰えや水晶体が弾力性を失ったことなどがあります。一度なると自然に症状が回復することはないので、老眼になった場合は専用の眼鏡やコンタクトレンズなどで調整することで視力を補う必要があります。自分が老眼かどうかはセルフチェックが可能です。チェック方法はとても簡単で、目の前に人差し指を立てて、指紋にピントを合わせます。そしてこの時の指と目の距離を計測します。この方法の場合、一般にピントの合う位置が30センチ以上離れている場合は老眼が疑われます。この距離が長い程、症状が進んでいる事になるので、見えづらさを感じているならぜひチェックしてみましょう。また、最近は老眼チェックが出来るウェブサイトやスマホアプリなどもあるのでこれらの方法でチェックすることも可能です。老眼は45歳頃から始まり65歳頃まで症状が進行するとされているので、これらのチェック方法を使って定期的に見え方をチェックしておくと良いでしょう。老眼鏡のレンズ選びについては、見たい距離にピントを合わせることが大切です。また、度数が進まないうちに老眼鏡を使い始めた方が慣れやすいとされているので、軽度なうちに使用し始めると良いでしょう。